お出掛け

トーマスホテル(トップハムハット卿のお部屋)レビュー【2018】

2018年12月、ようやくその日がやってきた。

 

今回宿泊したのは、

「機関庫トップハム・ハット卿のお部屋(Room NO.552)」

2018年7月に予約したので本当に長かった。
(それくらい早くから予約しないと取れないのも事実。。)

では、さっそく行ってみよう!

 

いきなり迷った!客室はどこだ?

今回は5階の部屋で、エレベーター降りて

すぐにこの扉が見えてきた!

「おぉ、ここがトーマスルームか!」

「他の部屋の扉とは一線を画すな!」

 

しかし

「我が家はトップハム・ハット卿のお部屋だからここじゃないな」

と素通り。

 

通路をたどるも目的の部屋が出てこない。

と言うか通路の終わりまで行っても部屋がない!

 

あれれ、部屋はどこだ?

と逆戻り。

 

ありました。

そうです、一番最初に素通りした、

この扉が今回の目的のお部屋でした。。

↓もう一回。

 

ゴードンの丘の部屋も、

駅をテーマにした部屋も、

トップハム・ハット卿の部屋も、

全部「THOMAS ROOM」なのね。

 

ちなみに、トーマスがいる部屋やパーシーがいる部屋の扉には

ちゃんと彼らが描かれているようです。

 

トーマスルームに潜入!

さぁ、気を取り直して、中に入ろう。

扉を開くとそこには、きかんしゃトーマスの世界が広がってました。

 

「ナップフォード駅!」

 

そして、そして、いよいよ!

じゃじゃ~ん!
5体のきかんしゃと、

その上にはハロルドがパトロール中だ!

 

息子にはどこに行くか伝えていなかったので、

最初はちょっと驚いた感じでしたが、

そのうち、大はしゃぎ!

(↓イメージ)

良かった、良かった。

 

部屋からの眺めはどうなっている?

この部屋は遊園地ビューなので、

残念ながらお部屋から富士山は見ることができない。

 

夜に見た景色がこちら。

クリスマスシーズンだったので色鮮やか。

リサとガスパールタウンのクリスタルガーデンが素敵だった。

 

そして、朝になるとこの景色
今回はこれら絶叫系コースターはお預け。

息子よ、早く大きくなってくれ!

 

お風呂やトイレはどうなってる?

次は、部屋の中を見てみよう。

まずは、お風呂から。
 

 

お風呂の中にもトーマスのキャラクターがズラリ。

 

お風呂マットまでもトーマス。

 

お風呂の中から扉を見ると、そこにもトーマスが!

 

続いては、トイレ。

便座カバーにマットまでトーマス。

 

踏み台もちゃんとありました。

 

トイレットペーパーまでトーマス。

このように、何から何までトーマスで、

トーマス好きならたまりません!

 

宿泊者限定トーマスパーティーセットを頼んでみた

さて、お部屋を堪能した後は、お食事です。

部屋でゆっくり食べたかったので、

夕飯は、トーマスルームに宿泊した人限定

「トーマスパーティーセット」を頼みました。
大人2名、小人1名分のお食事が10,800円。
(※料金は2018年12月時点税込み)

子供用の食事を1プレート追加する場合は+1,750円。

 

予約した時間の30分ほど前に部屋に電話がかかってきて

子供のプレートは「カレーライス」or「オムライス」。

大人用は「ライス」or「パン」、「コーヒー」or「紅茶」を聞かれる。

 

今回、大人はライスとパンをそれぞれ注文。

実際はこんな感じ

写真を見ると一見、普通に食べられそうな量なんだけど、

少し残してしまい、勿体ないことをしてしまった。

夕方に富士急で食べた「ふじやまたいやき」が重かった。

ついつい、そそられてしまい。。
(写真なくてすみません)

 

 

下調べでは、プレートは持ち帰れないとのことだったので、

スプーン、フォーク、コップならもらえるかな?と


片付けをしに来てくれた方にダメもとで聞いてみた。

KENTA
KENTA
スプーン、フォーク、コップもらえますか?

お姉さん
お姉さん
すみません、できません。


案の定、ダメでした。。


そうですよね。


嫌な思いさせてしまい、すみません。

 

 

☆まとめ☆

・味は思っていたより良かった
・量も十分にあった
・3歳の息子にはチョコ以外のケーキが良かった

 

フジヤマテラスはこんなことろ

朝食は、ホテルの最上階の「ティアラ」もいいけど、

メニューがあらかじめ決められているので、


今回はブッフェ形式の「フジヤマテラス」にしてみた。

 

向かう途中でこんな飾り付けを発見。

12月っぽくて素敵
でした。

 

さて、本題です。

メニューはこんな感じ。(見えますかね。。)
料金はこんな感じ。

  料金
大人 2,390円
小学生 1,670円
幼児(3歳以上) 970円

(※料金は2018年12月時点税込み)

そして、中はこんな感じ。
↑公式サイトから引っ張ってきたのですが、
実は、この左側の外に富士山がデンと鎮座してます。
↓それがこの写真。

泊まった部屋は遊園地ビューだったので、

今回ここで初めてまともに富士山を見ました(笑)

 

こんなに可愛らしい富士山もいます!
  

 

また、「フジヤマテラス」には、

「トーマスパーティールーム」もあります。


今回は利用しませんでしたが、


宿泊しなくても利用することが可能です。


そして、特典も色々とあるようです。

 

↓公式より拝借。

 

↓公式より拝借。

 

↓公式より拝借。

☆まとめ☆

・席から眺める富士山は圧倒的
・値段は少し高めかな
・和洋中一通りあるので内容は十分です
・味も薄すぎず、濃すぎず、ちょうどよかった

 

ちょっとガッカリした点

タバコ

泊まった部屋から外をのぞくと、

下は搬入口?のような場所なのですが、

早朝に見てみると従業員の方の喫煙所になってました。

あまり見たくなかったです、はい。

(でもちゃんとルールに従って休憩されているようでした。)

コンセント

ここのホテルだけではないのですが、

コンセントが剥き出しになっていました。

やっぱり小さい子供の手が届くところには

コンセントキャップが欲しかったです。

 

おまけ

DVD

これはトーマスホテル宿泊者限定なのか不明ですが、

フロントでトーマスのDVDを借りることができます。

我が家は映画を1本観た後、

さらにもう1本借りました。

 

また、ホテルの目の前に高速バスのバス停があり、

そこに売店があるのですが、

そちらで水(150円税込)を買いました。

中身はいたって普通の水ですが、記念に購入しました。

まとめ

宿泊する時って、色々と調べて分からないこと出てきますよね?

僕は直接、ホテルに電話して聞いてしまうのですが、

今回も予約の方法や変更でトータル3回以上は電話しました。


でも、その度に丁寧に対応していただきました。


余談ですが、日本人は富士山が好きなんだと、思いました。


都心から車で1時間とちょっと。

せっかく来たのでしたら

是非、皆さんも宿泊されてはいかがでしょうか?

ステキな思い出ができること間違いなしです☆