育児

パパ抱っこ

子供から『抱っこ』をせがまれる。

 

仕事で疲れてるんだよ。

もう何回も抱っこしてるよ。


こっちも眠たいんだよ。


少しは自分で歩こうよ。


もう腕が痛くて抱けないよ。

 

 

息子がまだ話も出来ない頃は

『んー、んー』と言いながら、


両手をいっぱいに広げて、


抱っこを要求してきた。

 

 

少し喋れるようになると、

『ガッコガッコ』と言いながら、


これまた、両手をめいっぱい広げてきた。

 

 

今は

『パパ抱っこして!』

『抱っこ』にも色々あるもんだなぁ。

 

 

でも、いつまで言ってくれる?

『パパ抱っこ』って

いつまで言ってくれる?

 

 

つかまり立ちしていた、おもちゃの椅子も、

背伸びをしてやっと届いたスイッチも、

今はもう遠い遠い、過去の大切な想い出。

 

 

そのうち、君は独り立ちして

『パパ抱っこ』とは言わなくなってしまうんだろう。

いつが最後の『パパ抱っこ』になるんだろう。

 

 

だから、どんな時も、

どんなに疲れていても、

どんなに眠くても、

どんなに腕が痛くても、

君が『抱っこ』と言ってくれた時は、

心から喜んで、抱っこしてあげよう。

 

 

その日が来るのを楽しみにしながら、

でも少し、感傷に浸りながら、

君との『抱っこ』の時間を、大切に過ごすよ。